子供達と日本語で遊ぶボランティアです♫ (아이들과 일본어로 노는 봉사활동그룹.♫)

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちはナンナンです
日本に帰ってきました。
札幌は思ったよりも寒く風邪を引きそうです
そして久しぶりに食べる日本食・・・
もちろん韓国料理も大好きだけど、久しぶりに食べる故郷の味はまた格別に感じる今日この頃です


さてさて今週の授業は”日本の模様に触れよう”という事で日本的な模様の端切れを使ってバッチを作りました。
綺麗な模様に子ども達は魅了され、授業が始まる前から「何今日何やるの」と一生懸命お手伝いしてくれました
10月13日の授業


さぁ授業開始
まず端切れをボタンより少し大きめの円に切り、布の端に木工用ボンドをつけ、ボタンを包むように貼ります。そしてボンドが乾かないうちに小さい方の布を蓋をするように貼りつけます。そしてその部分が乾いたら安全ピンをつけて完成といった簡単バッチです。
10月13日の授業

一、ニ年生は小さい布を貼る工程から始めました。
小さな布をくっつけるためにみんな一生懸命「フーフー」と息をかけている姿が可愛らしかったです
10月13日の授業
「早くくっつけ~」「うまくくっつけ~」


三、四年生は大きい布を貼る工程から始めました。
10月13日の授業
最初は手でボンドを触るのを嫌がっていたけどみんな次第に熱中
10月13日の授業
「どんなのが出来るのかな」「うまく出来たかな」とボンドが乾くのを気長に待っている姿もチラホラ・・
10月13日の授業

気長に待って完成したバッチはどれも綺麗で可愛らしく出来上がっていました。
10月13日の授業
さっそく出来たバッチを服につけたり、かばんにつけたりして嬉しそうにしている姿を見ると、何だか私も心がホワ~と温かくなりました
歴史的な背景から日本の模様には嫌悪感を抱く子もいるのでは・・と少し心配しましたが「美しいもの」は世界共通綺麗なものはどの国の子でもやっぱり好きなものなのですね
自然と日本のものに親しみを感じ、そして私達も韓国のものに親しみを感じて人と人が国境を越え歴史を越えて仲良くなれる時が来るといいな・・と感じる一日でした。


2010年3月からこのボランティアに参加させていただきました。
子ども達に出会い、皆さんに出会い、ブログを見てくださる皆さんの応援をいただき本当に充実した韓国生活を送る事が出来たと思います。
これからは日本での応援となりますが韓国に居た時同様一生懸命”お仲間”として応援させていただきたいと思います
本当にありがとうございました。
スタッフの皆様、ブログを見てくださっている皆様、どうかお体にはお気をつけてお過ごしくださいね
コメント
この記事へのコメント
おつかれさまです!!
なおこさん、みなさん お疲れ様です!
なおこさんmixiにメッセージお送りしました!!

みなさんお元気ですか?私は元気です^^
ブログを楽しみに拝見しています^^

写真でみんなの顔が見れるので嬉しいです^^

2010/10/25(月) 22:12 | URL | yabeeriko #-[ 編集]
いいですね!
ナンナン先生お疲れ様でした!
バッチって何のバッチだろう?と思ってました。こんなかわいいものだとは~!私も作りたかったな。

私の日本の友達からも授業のアイデアをもらいました。日本文化、というわけではありませんが、何かの参考になればと思います。以下、そのまま貼り付けます。

================
※自分達で作ったもので競技、競争、バトルをさせる。

 例1:材料はなんでもいいので車輪をつけた車を作らせて
 いっせいに坂道を転がせて競争。どうやったら早くゴールにたどりつくか
を生徒に工夫させる。

 例2:床に大きなダーツの的みたいなのを用意してそこに投げ入れる
 ダーツの矢を作らせる。矢といっても形状や材料は自由で、いかに投げやすく
 するか、いかにねらったところに届きやすいかなど創意工夫をさせる。
 
 例3:子供は入れるぐらいの大きなダンボール箱を土俵にしてそこでトントン
  相撲させる、おすもうさんを子供達に作らせる。一応重量制限をもうけて
  そのなかでいかに倒れにくく相手を倒しやすい形状のおすもうさんを作り
  あげるか創意工夫させる。

 例4:紙飛行機や発泡スチロールを使って飛行機を作らせ、誰が一番遠くまで
 飛ばせるか競争。

優勝者にはちょっとした賞品を用意したり、びりに×ゲーム用意したりすれば
みんな本気になって取り組むし、勝負がかかっていると工夫をこらすと思う。
=====================

「限られたものと、同じ条件化で競争させると、予想外の創意工夫が見られてほんとおもしろい」、とのことです。

2010/11/01(月) 21:34 | URL | 過去メンバーの近田 #-[ 編集]
近田さん
コメントの返事がおそくなりすいません。
いつもアイディアを送って下さりありがとうございます。
2010/11/06(土) 20:39 | URL | ソウルボランティアむじげ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://seoulsos.blog39.fc2.com/tb.php/271-bb88a6d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。