子供達と日本語で遊ぶボランティアです♫ (아이들과 일본어로 노는 봉사활동그룹.♫)

2009/051234567891011121314151617181920212223242526272829302009/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは
なみやんです。

ソウルは梅雨の時期とは思えないほど暑いですが、こどもたちは相変わらず元気いっぱいでした

今週は新しい先生が2人いたので、子供たちのテンションもさらに高かったです

09.06.24 B新しい先生へ質問

新しい先生に元気よく質問しますハーイ



Aクラス(1,2年生)はお菓子を使って
「ありがとうございます」
「いただきます」
「ごちそうさまでした」の練習

09.06.24 Aお菓子の受け取り

お菓子があるとやっぱり子供たちも楽しそうです


Bクラス(3,4年生)も同様にお菓子を使い、
店員「いらっしゃいませ」
お客「これください」
店員「はい、わかりました」
お客「いくらですか」
店員「50円です」
お客「ありがとう」の練習

09.06.24 Bお菓子屋さん

このクラスはどんどん難しいことができるようになります
子供の学習能力ってすごいッ



そしてCクラス(6年生)はたこ焼きの機械をつかいホットケーキ風のお菓子を作りました

09.06.24 Cたこ焼2

先生も生徒もはっぴを着てお祭りムード満点です

09.06.24 Cたこ焼3

最初はうまくひっくり返せなかったけれど、先生に教えてもらってどんどん上手く焼けるようになりましたッ生徒がとても真剣に取り組んでくれたので、先生も必死でお手伝い


09.06.24 Cたこ焼6

具にはチョコやクッキーグミ、ジャムなどいろいろ試してみました
どーやらチョコが1番人気だったようです
生徒が「先生もー」と言ってあーんして食べさせてくれました



09.06.24 Cたこ焼5

食べることよりも焼くほうがおもしろかったようです
私だったら焼くほうよりも食べるほうに熱中しちゃいそうですが・・・・・・

お菓子を作っているときには、子供がグミ入りのお菓子を見て「気持ち悪いです」と日本語で急に言ったり、ピアノの弾いている先生に「先生うるさいです」と言って周りの先生を驚かせていましたー

どこでその言葉を覚えたのか、子供たちは私たちが思っている以上に日本語が聞き取れているかもしれないですねこれから変な言葉は使えないなー


たまにこういう機会があるといつも以上に子供たちとコミュニケーションがとれて楽しいなと思いました



そしてそして今日は!!!月末なのでメンバーみんなでごはんを食べに行きましたー


09.06.24 食事会

ブデチゲおいしかったです
月に1回の食事会はメンバーでゆっくり話をできる貴重な機会です
これもボランティアの楽しみですねー

スポンサーサイト
先週に引き続き、マルです。


授業の前に教材の整理をするため、数人が早めにセンターに行ったら、
企業ボランティアの方々がいらして、 センター内の床・窓・トイレなど、
隅々まで掃除をされていたそうです。
月に何度か来てしてくれているそうです。

それから、間食用に沢山の食パンが届いていて、
センターの先生がジャムを塗って、間食として子どもたちに、配布されてました~
ちょうど、授業の始まる10分ほど前だったため、3時からのAクラスは
開始が少し遅れました。
ちなみに、パンは、私達も頂きました。

私たちのような、市民ボランティアもいれば、企業のボランティアも
多数参与しサポートしています。



Aクラス(1・2年生)

授業内容
 「あいうえお表」を使った自己紹介・プリント用紙配布
  自分の名前をひらがなで3回書く。出来た子から、先生がスタンプを押す。

去年の10月頃にもこのプリントを使っているので、
2年生はやったことがあるものでした。

やはり、子供のうちに、書いて、読めば、聞いて、話してということをすれば、
遊びながらとはいえ、確実に身に着くんじゃないかな?と思います。
身につかないまでも、後々、選択授業などで日本語を選ぶ契機になるだろうし、
身構えずに、日本語の勉強をスタートできるんじゃないかと思います。


それから、先週、書いたとおり、学級委員と会長を決めたのですが。
学級委員は2人とも1年生ということで、2年生を席に着かせたり、
静かにさせたりするのは、大変なようでしたが、一生懸命役割を果たそうと
してくれました。
先週欠席だった子が、その様子を見て、
「いつ決めたの?1日だけ?」と聞いてきて、やりたそうでした。



Bクラス(3・4・5年生)

授業内容
 人数が多かったので、3チームに分かれました。
  男の子チーム:数字の数え方・単語カード読み
  3年女の子チーム:単語カードでカルタ取り
  4年女の子チーム:単語カードでカルタ取り
2009.6.10 B男子

2009.6.10 B4年生女子

2009.6.10 B3年生



Cクラス(6年生)

授業内容
 自己紹介プリント
 ひらがなで自分の名前を書く練習

久々に、男子3人と私1人という懐かしいメンバーでやりました。
名前をすらすら書けるJ君。
聞き取りが得意なG君。
日本語より英語を使ってくるY君。
そして、そんな男子3人にからかわれる小学生のようなアラサー。。。
なんか、だいぶ大きくなったな~って思いました。
あと8ヶ月ちょっとで、彼らも中学生になるんだな~



来週、Cクラスは、たこ焼き風お菓子作りをします。
A.Bクラスは、再来週、たこ焼き(中身はツナ缶)を作る予定です。
元ボランティアメンバーが、帰国後にプレゼントしてくれた
たこ焼き機を使って作ります☆
お久しぶりです。
マルです。

ソウルは暑いです。
北海道から来ている子は、3月頃から暑いと言っていたようですが、
今は、もう真夏!いや、それ以上だと言っています。
特に、北海道の人じゃなくても、暑いです。
気温低めの日も、割と湿気が多いので、暑いです。


さてさて、Aクラスの今週の授業ですが、、、
特にいつもと変わったことはしてないです。


ウソです。。。
しました。
重要なことをしました!

クラスのバンチャン(学級委員みたいなもの)決めをしました。
私もこちらでバンチャンやった事ありますけど、「バンチャンニム」と呼ばれると、
どうしても『番長』と呼ばれている気がして、馴染めません。。。(笑)
バン=クラス(班)
チャン=長
という意味なんですがね。


「バンチャンやりたい人~」と聞くと、3人の男の子が立候補。
しかし、実際指名すると「うそうそ。俺やんない~」みたいなこと言って、
ひっこんでしまいました。
最終的には、2人がじゃんけんをして、バンチャンを決め、
一部、「副バンチャン」という声もあったのですが、「会長は?」という意見により、
なぜか【バンチャン(班長)】と【フェジャン(会長)】というよくわからない
長が2人という結果に。


P6100002.jpg

↑立候補したのは、前に座ってる3人の男の子です


ちなみに、
サークル(韓国では【トンアリ】とか【クラブ】とか【モイム】とか言います)などでは、
フェジャン(会長)とブフェジャン(副会長)が存在します。
日本の部活なんかでもいろいろな役職が存在しましたからね。
運動部の場合、部長・副部長の他に、キャプテンもしくは主将なんかありますしね。
やっぱり、一人がなんでもやらなきゃならないのより、
みんなで分担してやるのがいいですね。



P6100005.jpg

「だれですか?」
「○○です」
という対話練習をしたのですが、アニメのキャラクターの絵を使ったため、
次第にエキサイト!
特に、男子はだんだん腰の位置が上がってきて、しまいには椅子の上に
立って、声を張り上げて答えていました。

ケーブルテレビで、アニメ専門のチャンネルがありまして、
そこで、かなり日本のアニメも新旧問わずやっているので、
子どもたちみんな知っています。

途中、「あ~!思い出せない~!!」とか言ってるのが、なんか
年寄りくさくて笑えました。




09.06.10 B女の子

09.06.10 B男の子

Bクラスは、行事があって参加人数が少なかったのですが、
男女別れて、単語カードの復習をしました。
先生も、女の子には女の先生、男の子には男の先生という形式でやりました。

3,4年生にもなると、日本語も結構理解してきていて、
先生たちも教えがいがあり、あれもこれも教えよう!という気になります。

韓国には、
「서당개 삼 년이면 풍월을 읊는다」という諺があるのですが、
まさにその通りだなと、思うわけです。
そのまま日本風に直訳すれば、
「寺子屋にいる犬も3年もすれば暗唱する」みたいなもので、
どんなに適当に勉強(仕事)してても、長い間やってれば、
何かしら身についてるもんだっていう意味の諺なんですね。

1,2年生を見ていると、興味もあるんだか無いんだかよくわからないし、
理解しているのかどうかもわからないし、集中力はないし、
授業が終わるのを今か今かと待っている様子だったりするのですが、
そんな子たちとは対照的に、Bクラスの子やCクラスの子は、
ある程度~こっちも驚くくらいの理解をしていて、
それを見ると、上の諺通りだな~と思うわけです。

日本には、「石の上にも3年」とか「継続は力なり」とかありますけど、
その、適当にやってたってなんか身についてる的なものはないですよね?

そんなのも韓国らしいな~と思う今日この頃です。
近田です。

2009.6.3職員室
私達が活動している建物をセンターと言いますが、
この春に新図書館と連結し、玄関部分が大幅に改装されました。
入口正面にある職員室はこの様な感じです。
病院の受付のような印象ですが、以前より広く明るくなりました。
いつも到着するとまずここで職員の先生に挨拶し、教室に向かいます。



2009.6.3 Aクラス
着席まで10分近くもかかってしまったA(1・2年生 13人)クラス・・・。
やっと座ったその席も、座席表どおりではありませんでした。

以前は韓国語で授業をしていたのですが、
メンバーの韓国語能力にも差があるし、子供達も日本語を聞きたがっている様子だったので
半年くらい前から授業の進行はすべて日本語で、としました。
3・4年生くらいになると、意味を察しようとするので日本語での進行は効果があるようなのですが
1・2年生は逆に集中力を欠き、落ち着きのなさが目立つようになってしまいました。

今日は歌と数字、時計の読みを学びましたが、
まず授業を受けるマナーを覚えさせないと、何をするにも進行が難しい状態です。
1・2年生に関しては大幅な授業内容の見直しが必要だと感じました。


対するBクラス(3・4・5年生 16人)は着席も座席表どおりスムーズでした。
さすがお兄さんお姉さん達です。間違った席に座るとお互い注意しあっています。
公文単語カードの確認の時に、ふざけて韓国語で答える友達をにらむDちゃん・・・
2年生の時から日本語教室に参加し、現在4年生でクラスの誰よりも積極的に
答えようとします。文字の読みを教えたことはないのですが、公文カードを繰り返してきたせいか、
すべてのひらがなを読めるとのこと。
週に1度の短い時間ですが、「継続は力なり」なんだと改めて感じます。

Dちゃんのように授業をリードしてくれる子供が何人もいるので
Bクラスは非常に進行がスムーズです。
3年生と4年生にかなり学習の差ができてしまっていて、
それをなくすのが課題だと思いました。


Cクラス(6年生)は男子3人だけのアットホームなクラスです。
時々教えてもいないような日本語を言ったりして、びっくりしてしまいます。
このくらいの年齢になると日本語への興味が具体的(アニメの影響?!)になるのかもしれません。



ところで、にんにくは今が旬の季節だとご存知でしたか?
私は韓国に来るまで、全く考えたこともなかったのですが
にんにくも野菜なので当然旬の時期があるんですよ!!

2009.6.3

ボランティアの帰り道、にんにくを山ほど積んだトラックに遭遇。
この時期、韓国ではいたるところでみかけます。
うちも1年分のにんにくを買います
こんにちは。
初めてブログを担当する、ユッキーです。

韓国に住んで4年が過ぎましたが、
遂に、遂に、念願の自転車を購入しました「ママチャリだけど」
「走る道がないからダメ」 
「女性がみっともないからダメ」
と言われ続けて、半ば諦めてたけど

李 明博大統領のエコ運動のお陰で、
少しづつ自転車置き場も自転車道も増えて来ました。
韓国民の自転車に対する考え方も変わってきたようです。

Eマートまで、自転車で買い物に行けるようになったなんて!!

幸せです


さて今週は、1~3年生(Aクラス)がお休みで、BクラスとCクラスの授業でした。
施設センターの先生のお休みがあったせいか?
気持ちの良い晴れた暑い日だったせいか?
センターに来る子供達が少なく、いつもに比べてセンター内は静かでした。

09年05.27センター入口

が、しかし!
日本語教室に通う子供達は、今週も元気一杯!!を、通り越して
ここは、自由運動教室?のように、
走り、騒ぎ回っていました
特に男の子達は、
男の先生に背負ってもらったり、追いかけ合ったりして、
嬉しくてテンションが、かなり上がってました

そんな中、
長く日本語教室に通っている女の子の二人が、
自ら単語カードを使って、勉強していました

09年05.27 授業前

個々に盛り上がってしまった子供達は、
結局、授業開始15分遅れで、教室に集まりました。

今回は、Bクラス10名の出席です。
人数が少ないので、教室の後ろに円になって座る事にしました。


出席確認、「はい。○○が好きです」での返答に、
一番多かった答えが、
「はい、家族が好きです。」でした
マネして、そう答えた子もいますが・・・
照れながらも全員答えられた後、
ひらがなカルタで読みの復習です。

09年05.27 ひらがなカルタ


良く答えられる子が数人います。
字で覚えているのではなく、絵と言葉で覚えているようです。


同じカルタを使って次は、カルタ取りをしました

09年05.27 ひらがなカルタ2

分かっていて、取れる子、
当てずっぽうで取れる子、
マネして手を置く子、
色々ですが、
当たりのカードに手が重なれば、
「私のだ!僕のだ!先に取った!」
など、騒ぎや押し合いにもなりますが、認めて譲る事もできました。

残りカード何枚かになったら、
子供達は、どんどんカードの前に出て来て、
戦いモードになってきました

09年05.27 ひらがなカルタ3

良く理解していて10枚以上取れた子もいましたが、
まだ覚えてなかったり、恥ずかしかったりで1枚しか取れなかった子もいました。

そして、時間ピッタリにカルタ取りが終わると、
予定があるのか?子供達はさっさと帰って行きました。
教室には、遅れて来たのですが


Cクラスは、1名でした。
単語カードを使って、ひらがなで名詞の書きの練習をしましたが、
初めて若い女の先生がクラスに来たからか?
普段は、落ち着きのない子ですが、静かに授業を受けてました


帰りに、新しくできた図書館を見学して、
図書館からの新しい通路を通って帰りました。
図書館は、すごく広くて、きれいに本棚が並んでいて、
とても静かでした。
ゆっくり、読書や勉強ができそうです。
09年05.27図書館とセンターの連結部分


そして私達先生は、月末恒例の食事会をしながら、
改善点、反省点、子供達についてを話し合いました。
カルクックスー美味しかったです

09年05.27 食事会カルグクス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。