子供達と日本語で遊ぶボランティアです♫ (아이들과 일본어로 노는 봉사활동그룹.♫)

2009/01123456789101112131415161718192021222324252627282009/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「みるみる3キロ減」が「みるみる増」になってしまっている近田です。(→メンバー紹介欄)
近いうちに自己紹介を書き換えないといけません。


今日施設に行くと・・・

09・02・18 下駄箱
子供の靴がいっぱい~!
靴がたくさんあるととても安心します。
あの日、誰の靴もないからっぽの下駄箱を見た衝撃が忘れられません。
(↑連絡ミスで、日本語授業のない日に行ってしまった日です)


꽃보다남자(花より男子)が韓国で今大大大人気!
何人かの女の子が花より男子の写真カードを持っていました。
1年生の女の子に「この中で誰が一番好き?」と尋ねると
私も一番かっこいいと思っていた金髪の男の子を指差しました。
「あたしたち趣味一緒!!」と意気投合!しました。



09・02・18 初級A
Aクラスは現在1・2年生13人。

今日の歌も子供達の大好きなポニョポニョ&
もっと歌のレパートリーを増やしたいと♪アイアイ を新曲で歌いました。
知らない歌は気分がのらないらしく、ブーイングがありましたが
そんなことでは次の宮崎作品が出るまでずっとポニョを歌い続けることになります。
ポニョやトトロと並行して他の童謡もたくさん取り入れて行きたいです。
(宮崎新作品も心待ちにしてます・・・)

歌のほかには数週間前からずっと続けている果物の名前の復習と
・○○が好きです(果物の名前を入れる)
・これはなんですか。○○です。
の練習をしました。

私達は一回の授業で新しい内容はひとつだけ、にすることにしています。
新しいことをいっぺんにいくつもやると、よくわからず集中力が切れて
面白くなくなり、騒ぎ出してしまいます。
今日は先週の続きだったので、子供達は自分が理解していることを
自信を持って答えることができました。

1年前は落ち着いて座っていることもできず、机の下に隠れたり
友達にちょっかいを出してケンカになったり泣いたり・・・
あの頃と比べると、今とても落ち着いたと思います。
今でも机の下にもぐって出てこなかったり、大声での私語があることもありますが
以前の比ではありません。
子供達は遅刻もしませんし、特別な用事がない限りは欠席もありません。
施設を利用している子供達に対するアンケートで、日本語教室が面白いという意見が
特に2年生に多かったと聞き、嬉しく思いました。

韓国は新学期が3月から始まるので、また今の幼稚園生が新一年生として入ってきます。
あの喧騒がまた始まるのか・・・・・・
でも新しい子供たちとも温かい信頼関係が作れるように努力したいです。


09・02・18初級B
こちらもAクラスの写真。椅子と机が大人サイズなので、
子供が正しい姿勢で座るのは難しく
正座する子が多いです。


Bクラス(3・4年生)も13人。授業内容はAクラス(1・2年生)とほとんど同じですが
理解が早いので授業がスムーズに進む分、歌の曲数が増えます。
低学年に比べるとじっと座っているので大人しそうに
思えますが・・・あの歌を歌いたい、それは嫌だ、など
色々自己主張があり、みんなの意見を聞くのが大変です。

今日は日本語の前のクラスでお菓子が配られたらしく、
それをいつまでも食べる子供が何人も(!)いました。
「授業中は飲食禁止!」
(授業の一環としてお菓子を食べる時を除く)
これは日本語教室だけでなくこの施設全体で決められてることです。


Bクラス開始時間になっても、いつまでも食べ続けているので
私達は無言で待っていました。前に立っている先生が何も話さず、何もせず
ずっと立ちっぱなし、という状況に子供達同士が
「ちょっと!いつまで食べてるつもり?!授業始められないよ!」
注意しあっていました。
自分が子供の頃、先生に下手に注意されるより、何も言われないと言う
無言の圧力をかけられるほうがよっぽど怖かったこと・・・思い出しました。
率先して注意してくれたのは、いつも気に入らないことがあると大きな声を出したりして
私達を困らせるDちゃんでした。すごくすごく嬉しかったです。



Cクラスは5年生(新6年生)の男の子3人クラスですが今日は一人欠席でした。
Cでは漢字の単語を使ってカルタをしました。
ABクラスとは全く違うもっと難しいことをやっています。
あるひょうきんな男の子は日本語を口にするのが恥ずかしいようで、
いつも習ったばかりの英語を話したりしてふざけてその場をしのごうとします。
対照的にもう一人は日本語に非常に興味があり、私達がある程度韓国語を理解していると
知っていてもすべて日本語で話そうとします。
とても察しがよく、いつも他の二人の通訳となっています。
英語で日本語の照れ隠しをするというその子は今日は特別”おふざけ”が過ぎてしまいました。
彼にとっては運悪く(?)このクラスを担当したメンバーが英語が堪能
流暢な英語でぴしゃりと怒られてしまいました。
来週からは気持ちを改めるかも知れません。



今日で北海道出身のみささんと沖縄出身の万里子さんの参加が最後でした。

万里子さんは現在韓国語留学中ですが
来学期から午後の授業を受講するとのこと参加できなくなります。
休みの日や都合がついた時はまた来てください。待っています。

みささんは1年間の韓国留学を終え帰国します。ここ以外にも障害のある子供の施設(病院)でのボランティアもしていたそうで、最後の食事会ではそこでの話も興味深く聞かせてもらいました。
「ボランティアというとなんだか気構えるところがあって、これまで関心はあったものの踏み出せなかった。韓国で行動を起こすことができ、帰国してからも自分にできることを探したい」という話でした。
またソウルに来ることがあったら是非子供達の成長を楽しみにここにも来てくださいね。


以下、おまけの写真です。
[2月18日の授業]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。