子供達と日本語で遊ぶボランティアです♫ (아이들과 일본어로 노는 봉사활동그룹.♫)

2008/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312009/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の続きです。


子どもたちのお家を見学させてもらった後は、事務室に案内してもらい、
職員の皆さまにごあいさつ。
そして、カウンセリング室を見学させてもらいました。




おもちゃがたくさんありますが、ここは遊び治療室です。
09.01.21遊び治療室

09.01.21遊び治療室2

09.01.21遊び治療室3


日本では、遊戯療法やプレイセラピーというそうです。
専門ではないので、詳しくはこちらでご確認ください。



他には、砂遊び治療室。
09.01.21砂遊び治療室

日本では箱庭療法というようです。
たくさんのミニチュアが置いてありました。
世界各国のものだそうです。
この砂の上に、ミニチュアを置いて夢など語るそうです。
先生のお話によると、砂や水はそれ自体にも癒しの効果があるので、
触れることでも癒されるそうです。



この他にも治療室があったのですが、使用中ということで、他は見られませんでした。
カウンセラーの先生は、パートタイムで13人が所属しているということでした。

ここは、施設の子供だけでなく、近隣の人でも治療が必要な人がいれば
受けられるそうです。



そして、かなり時間が押していましたが、院長先生がぜひお話したいということで、
私たちボランティアメンバー8人と、センターの先生と、施設の院長先生の10人で
お話をしました。

昨年は13人の子が入所してきたが、どの子も孤児ではなく、親がいるけど、
一緒に暮らすことができない状況になってしまった子だそうです。
虐待とか、放棄とかそういうことだと思います。

そういうことで、年に数人は親のもとに帰れるようになる子がいるそうです。
数人って、ほんとに数人ですけど。
でも、やっぱり、戻ってくることになってしまう子もいるそうです。残念ながら。



日本も未だに差別ありますけど、韓国よりはない方だと思います。
いじめはたくさんありますけどね。
昔、日本でも部落差別とかあって、小学校とかでも同和週間には、
同和教育のためのビデオとかみましたよね?
今は知りませんけど、10~20年前はありました。
そういう類の差別が、韓国ではまだまだ根強く残ってるんだな~という感じです。
弱者にとっては、結構つらい国だと思いますね。
大人が当たり前に差別しますから、この国から差別がなくなる日はまだまだ遠いようです。



ボランティアメンバーは随時募集しております。
興味のある方は、こちらに活動の詳細がありますので、
ご確認の上お問い合わせください!

また小学生の日本語勉強に使えそうな、五十音表、絵本、CD、カルタなど
不要になったものがお家にありましたら、ぜひ私たちにお譲りください!
よろしくお願いします!
スポンサーサイト
なんだかんだで、2回目の投稿になります。
9月から参加しております、マルです。

1月21日の授業は、連絡ミスにより休講でした。
そもそも、子どもたちは博物館かどこかに行ってるとのことで、不在でした。。。
なので、休みだと思っていた28日は通常通り授業をやります。


その代わりと言ってはなんですが、私たちが通常活動しているセンターではなく、
施設の方の見学をさせてもらいました。

私たちの活動の始まりは、こちらを見て頂ければわかるのですが、
実際私たちが活動しているのは、施設で暮らしている子供たちのいる所ではなく、
その近所の子供たちが学童として利用している施設で日本語授業を担当しています。
(この表現は私の主観なので、ちょっと違うかもしれないですが、意味としてはそういうことです。)

なので、子供たちが生活をしているSOS子ども村の方を見る機会はほとんどありません。
年に1回程度です。
その機会が、1月21日だったといったところでしょうか。
とにかく、授業の代わりに(といってはなんですが)、見学してきました。






実際、私がこのボランティアに参加した動機というかきっかけは
児童福祉施設の子供になにかできることはないか?
ドラマや映画でよく見るけれど、実態はどうなのか?
という気持ちを抱いたことからでした。
なので、突然訪れた機会でしたが、すごく勉強になりました。


こちらが、子供たちの暮らす、ソウルSOS子ども村です
09.1.21まうる



子ども村というだけあって、1軒1軒の家になっており、1軒に1人のお母さんと
子供たち数人が一緒に暮らすという方式です。
私の抱いていたイメージとは全く違いました。
施設の方も説明してくれましたが、やはり、私が思っていたような1つの建物に大勢で
住んでいる児童福祉施設もありますが、ここは違うとのことでした。


私たちは、実際1軒のお家を見学させてもらいました。
ここのお家は、7人の子供が生活するお家でした。
博物館に行っている子と、外出中の子といて、私たちが訪ねた時にお家にいたのは、
中学生の女の子だけでした。
そのあと、小学生の男の子、幼稚園生の男の子が帰ってきたので、
3人の子供に会うことができました。

中学生の女の子は、急な訪問にもかかわらず、お部屋も快く見せてくれ、
笑顔の可愛い子でした。
小学生の男の子は、口数は少ないですが、笑顔がとってもかわいくて、
将来が楽しみです(笑)絶対モテると思います!!
最後に、この家のマンネ(韓国語で末っ子のこと)は、人見知りもせず、口も達者で、
賢い男の子でした。


この日は、休暇のためオモニは不在で、その代わりのイモ
(韓国語でお母さんの姉か妹のこと)が子どもたちの世話をしていました。

この施設のオモニ(お母さん)は、この子供たちの世話をするため、
結婚しないという約束をするそうです。
引退が56歳(日本の55歳?)なのですが、それまで、子供たちに人生を捧げて
世話するという決意のもとで、ここで働いているのですね。
すごいとか簡単な言葉では片づけられない、母性ですよね。

ちなみに、この日見学させてもらったお家のオモニは20代だそうです。
私と同じか若いくらいの子が、そういう決意で子供たちの面倒を見ていることを知り、
私は本当にあまちゃんだな~と、若干凹みつつも、なんだかそういう人が
いるということを知って嬉しかったです。



と、かなり長くなりそうな雰囲気の今回の記事ですが、、、
今日のところは、一旦ここまでとさせて頂きます。
カウンセリング室や、院長先生の話は、この次にアップいたします。



ボランティアメンバーは随時募集しております。
興味のある方は、こちらに活動の詳細がありますので、
ご確認の上お問い合わせください!

また小学生の日本語勉強に使えそうな、五十音表、絵本、CD、カルタなど
不要になったものがお家にありましたら、ぜひ私たちにお譲りください!
よろしくお願いします!
こんにちは~今回初めて書かせていただきます。12月から参加のまりこです。

最近は冬らしく雪も降って寒くなってきました~。風邪気をつけましょう!!

今だある街のクリスマス模様が若干気になるこの頃です^^:


今週の施設の様子はすごい静かでした。
皆、自主勉強をしていたようです。えらいですね~。

今日はバスが遅くて慌ただしく始まり、先生も少なかったのでどうなるのかと不安もありつつ・・・

授業開始!!  09.1.14Aクラス歌



低学年の子達は、新年のあいさつ「あけましておめでとうございます」をした後、歌を歌いました。
        歌:こぶたきつねこ、数字の歌、アンパンマン、ポニョ、トトロ

 こぶたぬきや数字の歌は、見ないでも歌えていました。やっぱり歌は自然に覚えられるんですね~。
中でもトトロが大人気で、子供達からのリクエストもあったり、自分たちで替え歌を作って口ずさんでいる子たちもいました^^ 

また新しく来た子で、日本語のあいさつを紙にメモして持ってきている子もいて、とっても元気に積極的に話しかけてきてくれました。
私たちと話すために準備してきたんだと思うと、すごい嬉しいですよね^^

歌の後は、カードを使って果物の名前を少しやりました。→りんご、ぶどう、もも、いちご

やはり、絵などがあると自然に覚えやすいみたいです。09.1.14黒板



高学年の子たちは、漢字の勉強を中心にしました。小学生がよく使う単語で、日韓で読みだけが違う言葉を選んでやりました。
漢字が新鮮だったのか、「来週もやりたーい」となかなか積極的だったようです^^

最近の小学校は漢字教育にも力を入れているそうだし、音も似ているのでこれからさらに日本語を勉強していく中で、単語力アップとかにいいかもしれませんね!

例→「英語」「銀行」「会社」「運転」「運動」「教室」「学校」など・・・。

ちなみに、牛乳パックの裏を使って漢字カードを作っています。(エコにも優しいです!)
09.1.14漢字カード


また、授業の後には反省会をしていますが、その途中でも一人の男の子がずっと人なつっこく私達の周りをうろちょろしてました。
このクラスをとても楽しみにしている様子で、終わっても興味を持って話しかけてきてくれると思うと、本当に嬉しくなります^^

ですが問題点、改善点もありました。
       ↓
前から、基本的なけじめとして「授業中にお菓子を食べてはいけない」というのがあったんですが、今回の授業で隠れて食べている子が結構いたようでした。
一応、施設の方でもその件に関してはもう一度注意してくれるそうです。

また、歌のリクエストですが、あまりに子供たちの要望に答えているとエスカレートして先生の威厳がなくなる恐れがあるので、改善点を考えていく必要がありそうです。

来週は三人の新しい先生が来て下さるそうです!
遅くなりました 今回初めて書き込みします
みさです둋빒럻뼹귩볺쀍궢궲궘궬궠궋

2009年 最初の授業でした
最近冷え込む日が続いていますが子供たちは新年も元気な顔で
迎えてくれました귺깛긬깛?깛
壁かざり
〈年が明けても施設内はまだクリスマスのままです・・・〉

今週の授業は、、
Aクラス
先生の紹介 (二名)
名前やどこから来たかを大きな声で質問できました
歌 崖の上のポニョ、だんご三兄弟
数字の1~10までの復習
最後に一人ずつ当てて答えるようしました。 みんなしっかり覚えていましたー

Bクラス
先生の紹介
「お名前はなんですか?」「どこから来ましたか?」
「好きな○○はなんですか?」 食べ物、色、花について
また新しい先生が持ってきた故郷の写真と地図を見せるとみんなとても興味津々に見ていました


歌 崖の上のポニョ

Cクラス
先生の紹介
カードを使って質問
いつも子供たちから質問をさせていましたが今回同じ質問を子供たちにもしたところ
しっかりと答えていました
反対語の練習 大きい⇔小さい 広い⇔狭い など

今回Cクラスの子供たちは質問にも自分の答えを言えるようになったことがわかり、上達が伺えました

工事中
施設に子供図書館ができるそうです。
今大工事中で、正面玄関からは入れません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。