子供達と日本語で遊ぶボランティアです♫ (아이들과 일본어로 노는 봉사활동그룹.♫)

2006/101234567891011121314151617181920212223242526272829302006/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自習

《授業が始まる前にカタカナの自習をする子供》



低学年のクラスは毎回1~2文字ずつひらがなを学習しています。「つ」「り」「い」「こ」などの簡単なものから始めていますが、見慣れない文字であるせいか、「い」「り」の違いを説明して一緒に何度も書いてみせてもはっきり書き分けられる子供は非常に少ないです。

このクラスは1年生が多いので、ひらがなは雰囲気をなぞるだけで歌中心の授業になっています。

歌のリクエストを尋ねるとやっぱり「こぶたぬきつねこ」と答えます。大きな声でいえない子供は直接いいに来たりしてどの子も積極的です。今日は新しい歌「おすもうくまちゃん」を歌いました。



カルタ


高学年のクラスは11月に入りカタカナを学習していますが、かなり読めるようになって来ました。でもまだ書くことはできないので読みを中心にゲームなどで覚えています。今日はカタカナ単語カルタをしました。
一番よく読める子供が単語を読み上げ、「はい!」と大きな声で札を取っていました。まだあいうえお表を見ながらカードを探している状態ですが、何度もやるうちに確実によく読めるようになって行きました。高学年になるとカードの奪い合いになることもなく、安心してみていられます。(カルタは牛乳パックを利用しています)
スポンサーサイト
この日本語教室が始まってちょうど1年になります。

当初子供たちは私たち外国人に慣れなくて、挨拶はおろか
姿を見ただけで隠れてしまったり、話しかけてもうつむいてしまったり、逆にテンションがあがって走り回ってしまったり・・・
今では懐かしい思い出です。

私たちをみると日本語で積極的に挨拶してくれます。
どの子も大きな声で「こんにちは」「さようなら」と言えます。
新しく入ってきた子供も周りがみんなそのようにしているので
恥ずかしがることなく挨拶できます。

今日の授業ですが、1年前の開講以来一度も休んだことのなかった女の子が来ませんでした。インフルエンザにかかったとか。週に一度だけど一度も休まずに来るのは簡単な事ではありません。また来週元気な姿を見せて欲しいです。

低学年のクラスは授業前から童謡を口ずさんでいました。まだ歌い始めて間もない「数字の歌 ♪すうじの1はな~に?こうばのえんとつ」を練習している様子でした。

低学年の子供の中にはまだハングルを勉強しているような子供も多いので、ひらがな練習はなぞる程度に、耳から学習するようにしています。単語カードの絵と音で単語を覚えていく。単語数を増やして行き、それでゲームなどができたらいいと思います。

中・高学年のクラスはカタカナの勉強中です。2週にわたりカタカナを一通り学びました。今日は単語当てゲームをしました。一人が前に出て座り、頭上にカタカナカードを掲げます。みんなはそれを読んで、ヒントを出して単語を当てます。
制限時間や順位を設けたわけでもないのに、子供たちは興奮して全員立ち上がり、前に座った子供を取り囲んで身振り手振りでヒントを出していました。みんな汗だくでした。子供はどんなゲームでも面白いようにアレンジして楽しんでくれます。

こんな風に楽しみながらいつの間にかカタカナが全部読めるようになったらいいなと思います。
子供達は歌が大好きです。
高学年の子供は何度か同じ歌を歌うと、自分達でアレンジしたりします。また歌詞の意味を教えると、自分達で韓国語訳を作って1番は日本語で、2番は韓国語で歌ったりとバラエティが豊かで子供達の柔軟さに驚かされます。「ぶんぶんぶん」と「大きな栗の木の下で」が人気があります。

低学年の子供は曲のテンポが明るくて歌詞が単調なものが気に入っているようです。リクエストを尋ねると「こぶたぬきつねこ」を歌いたがります。そのためこれまで歌詞の難しそうな歌は避けてきたのですが、「数字の歌(すうじの1はな~に?工場のえんとつ)」を2週続けてやったらそれなりに耳になじんだようで段々声も大きくなってきました。
人数が少ない日


施設に行くと今日は特に静かだと感じました。

私達が教えている教室のある建物は孤児院の敷地内にありますが児童館のように地域に開放しています。その地域は共働きの家庭も多いので、子供達は学校が終るとここへ来て、遊んだり宿題をしたり、また私達のようなボランティアの方が開講している講座を受けたりしています。

いつも子供達がたくさんいて賑やかなのに、今日は静まり返っていました。

施設の職員の方が子供達を映画館に連れて行ったと後から聞きました。そのため日本語クラスには普段の1/3も集まりませんでした。

毎週見ている顔に会えないと寂しいです。人数が少ないならそれなりの準備をするのであらかじめ伝えて欲しいと施設側には言いました。
くもん式のひらがなカード―0歳から くもん式のひらがなカード―0歳から
公文 寛 (2001/11)
くもん出版

この商品の詳細を見る


いつも公文式カードと私達の手作りカードを使って
子供達に単語を教えています。

子供達はひらがなよりも先に絵と発音で単語を覚えていきます。


くもん式の童謡カード (第2集) くもん式の童謡カード (第2集)
公文 寛 (2000/04)
くもん出版

この商品の詳細を見る


毎回歌から授業を始めます。
子供達は歌が大好きで、具体的な曲のリクエストもしてきます。
この1年で15曲ほどやりましたが、
リズムが明るくてテンポのいい曲が人気があります。
最近は今まで習った単語が歌詞の中に出てくることも多々あり、
歌の意味がわかってますます面白いようです。

昨日は♪大きな栗の木の下で を歌いました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。