子供達と日本語で遊ぶボランティアです♫ (아이들과 일본어로 노는 봉사활동그룹.♫)

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<日本語教室>

目標:日本の文化・風習、言語に触れる事によってコミュニケーション能力を高める。

進行内容及び授業方式:日本の文化授業、日本語授業と日本語を使った簡単なゲーム

期待される効果:日本について興味・関心を深める事ができる。

3月から2月までの月別計画:文化と言語の授業を組み入れて行う。
             (言語の授業は、名詞を中心に文章で教える)
 

 3月:日本のキャラクターについて(ぬりえ)/自己紹介
 4月:お花作り、春の花について/あいさつ
 5月:鯉のぼり/動物、体と顔
 6月:てるてるぼうず/乗り物
 7月:七夕/野菜、自然のもの
 8月:盆おどり/果物
 9月:お月見団子/身につけるもの(服・靴)
10月:本・紙芝居つくり/スポーツ
11月:落ち葉拾い/色
12月:クリスマス/家族
 1月:お正月/昔の遊び
 2月:節分/1年のまとめ
スポンサーサイト
<ボランティアとは>

ボランティアの語源はラテン語の『ボランタール』だと 言われています。

意味は『自由意志』です。

自らからすすんで、自分の考えで、

身近なさまざまな問題に取り組んで行く活動です。

 

<活動の4原則>

1 自主性・主体性:自由な意思で自発的に行う

2 社会性・連帯性:お互いを尊重し支え合う

3 創造性・先駆性:自分たちで考え創り上げて行く

4 無償制・無給性:利益を求めない

 

<活動を続けるにあたって>

1 施設の規則・プライバシーを守りましょう。

2 約束を守り、責任のある行動をとりましょう。

3 周りの人間関係を大切にしましょう。

4 無理せず楽しく続けましょう。

5 活動に対する創意・工夫を心がけましょう。

6 相手の立場を考え対等を心がけましょう。

7 分からないときはいつでも相談をしましょう。

8 家族や周囲の理解を得ましょう。

9 金品のやりとりはやめましょう。

 

<よりよい活動をするために>

『自分に何が出来るのか』

『出来る時間や期間はどのくらいか』

『活動で何をしたいのか』を考えておきましょう 。

「やってあげる」ではなく、

自分が活動を通して学ぼうとする気持ちが活動をより良くします。


子どもと同じ目線で接しながら、事故がないよう安全に注意し、

みんなで楽しく有意義な時間を創って行きましょう!
nn いつも活動を応援していただき、ありがとうございます nn

  私達の活動では、
  SOS子供村に準備してもらっている教材の他に、
  ブログを見て応援してくださる方からの寄付による
  教材を使っています。

  いただいた寄付品は、SOS子供村にて保管し、
  授業に活用させていただいています。
  今までいただいた 寄付品 には下記のようなものがあります。

  ・日本語教材
    辞書・公文式カード・五十音表
    法被・剣玉・カルタ・折り紙・文房具・DVD・絵本・パズル など

  ・調理器具
    たこ焼き器・電子レンジ

  ・食品
    たこ焼き材料・おしるこ材料・日本のお菓子・カップラーメン など

     寄付品


  nnn 寄付品は、下記の「SOS子ども村」宛に郵送していただくか、
     旅行などの来韓時に、メンバーが受け取らせて
     いただいています。
      詳しくは、こちら から お問い合わせくださいませ。


  nnn 児童福祉施設 「ソウルSOS子ども村」 
     〒158-829 大韓民国SEOUL市陽川区新月3洞149-7
            SOS children's village 日本語教室 宛て
     電話:02)2692-0253

nnn この活動について

Q: このボランティアの目的は何ですか?
A: 日本語に触れることを通じて子供達が色んなことを体験したり、
   関心を広げたり、個性を伸ばしたりすることです。

Q: どんな所で日本語を教えているのですか?
A: 児童福祉施設 「ソウルSOS子ども村」 の中にある 
  「センター」
 と呼ばれる場所で教えています。

Q: 水曜日以外にも活動していますか?
A: 現在は、水曜日のみ活動しています。

Q: ファゴク駅からどうやって行きますか?
   どのくらいの時間がかかりますか?

A: 市内バスと徒歩で、約15分ほどです。

Q: 宗教に関わりはありますか?
A: どの宗教とも関わりはありません。

Q: 活動経費はどこからでますか?
A: ブログを見て応援してくれる方からの寄付による教材を使ったり、
   施設に依頼して授業に必要なものを準備してもらったりしています。


nnn 韓国語・ボランティア経験について

Q: 韓国語が話せません、韓国語が初級レベルです。
A: 韓国語ができなくても構いません。
   子ども達にはできるだけ日本語で話すようにしています。
   施設の先生とのコミュニケーションや提出物を書く際に
   韓国語が必要ですが、韓国語ができるメンバーが対応しますので
   心配いりません。

Q: 日本語を教えた経験がありません。
   日本語教師の資格がありません。学歴がありません。

A: 経験や資格や学歴は必要ありません。

Q: 今までボランティアをしたことがないのですが、できるか不安です。
A: これまでのメンバーもほとんどが未経験者ですので、
   一緒に考えて、意見を出しながら教室や運営活動を
   主体的にして頂ければ大丈夫です。


nnn 初回参加について

Q: 自己紹介は何語で何をすればいいですか?
A: 子ども達が日本語で質問をしますので、日本語で
   ゆっくり答えてあげてください。

Q: 必要なものはありますか?
A: 筆記用具をお持ちください。
   靴を脱ぐため、靴下の汚れが気になる方はスリッパを
   お持ちください。

Q: 交通費は出ますか?
A: 交通費は自己負担でお願いします。


nnn その他

Q: 友人と3人で参加したいのですが...
A: お手数ですが、お一人ずつ参加申し込み☆メール☆から
   申し込みをお願いします。
   施設の性質上、見学だけをご希望の方は、お断りしています。

Q: いつボランティアスタッフを募集していますか?
A: 随時募集しています。

Q: 途中で休めますか?
A: 各スタッフが各自の都合に合わせて欠席しています。

Q: 毎週参加できないのですが、いいですか?
A: 構いません。
   ただし、教室の運営上、一定の先生の数が必要ですので
   欠席の際には、事前に他のメンバーに連絡をしています。


他に ご質問がありましたら、こちら にお願いいたします。

寄付をしていただいた方々をご紹介します。
みなさま、本当にありがとうございます。
大切に使わせていただきます。

2011年8月   つぼみさん
           折り紙メーカーを2つ頂きました。

2011年6月頃  ともみん(元メンバー)
           筆記用具セットを頂きました。

2011年4月   まさまさ(元メンバー)
           お花がみを頂きました。

2009年10月  Mさん (ソウル在住・もとメンバー)
           ビデオをいただきました。
2009年9月   Hさん (岡山在住)
           知育絵本・折り紙をいただきました。
2009年8月   近田さん (05年11月から09年8月メンバー)
           ホットプレートをいただきました。
2009年4月   ゆりかさん (2007年3月~5月メンバー)
           お菓子・日本語教室ネタ本・小学校の音楽の教科書をいただきました。
2009年7月   じゅんさん (2009年1月~7月メンバー)
            文房具(鉛筆・鉛筆立て・はさみ・蛍光ペン)をいただきました。
2009年4月   佐藤さん (2009年1/7見学)
            日本語教材(五十音表・絵本・パズルなど)をいただきました。
2009年3月   Bumaさん (名古屋在住)
            日本語教材・お菓子・法被などをいただきました。
2009年2月   ゆうこさん (もとメンバー)
            たこ焼き器、たこ焼き材料・折り紙などの文房具をいただきました。
2009年1月   佐藤さん (2009年1/7見学)
            「おしりかじり虫」のDVDをいただきました。
2008年12月  さらんばんさん (あんてぃーく街の茶屋)
             辞書を2冊いただきました。いつもありがとうございます。
2008年3月   Ch.Kさん (京都在住・もとメンバー)
            日韓辞書をいただきました。 
2008年3月   さらんばんさん (あんてぃーく街の茶屋)
             辞書を5冊いただきました。
2008年3月   Bumaさん (名古屋在住)
             たくさんのお菓子をいただきました(3/19授業)
2007年12月  スーシアさん (もとメンバー)
             電子レンジをいただきました(3/12授業)
             カルタと絵本をいただきました
2007年2月   Ch.Kさん (京都在住・もとメンバー)    
             おしるこの材料をいただきました(2/21授業)
             くもん式「ぶんカード」をいただきました(2/7授業)
             カルタをいただきました(2/14授業)
2006年      Aさん (元メンバーの小学校時代の先生)
             剣玉をいただきました(1/2授業)


nnn 寄付をしてくださる方へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。